皆さんは釣り系YouTuberの「釣りよかでしょう」を知っていますか?2018年8月にはチャンネル登録者が100万人を超え、今とても勢いのあるYouTuberです。

そんな「釣りよかでしょう」は7人のメンバーで構成されていましたが、2019年4月24日に1人のメンバーの脱退を発表したため、現在は6人のメンバーで活動しています。

今回はそんな「釣りよかでしょう」のメンバーについてまとめました!

「釣りよかでしょう」ってどんなYouTuberグループ?

「釣りよかでしょう」はチャンネル登録者127万人(2019年6月現在)の人気YouTuberグループです。

2018年に秋田県から佐賀県に移住し、メンバーは「釣りよかハウス」と呼ぶ一軒家で共同生活をしています。

そのため、「釣りよかでしょう」は主に九州を活動の拠点にしています。

釣りに関する動画を配信しており、船釣りや堤防釣りなどバラエティに富んだ釣り動画で多くのファンを獲得しています。

釣り具メーカーとのコラボや葉加瀬太郎やつるの剛士らがゲスト出演するなどその影響力を高めつつ、2018年8月にチャンネル登録者100万人を達成しました。

「釣りよかでしょう」のメンバーってどんなひと?

ここからが本題です。「釣りよかでしょう」のメンバーはどんなひとなのか気になっていると思うので解説します!

「釣りよかでしょう」は計7人のメンバーで構成されていましたが、2019年4月にTwitterにてメンバー1人の脱退が発表されたため、現在(2019年6月)は計6人のメンバーで活動しています。

メンバーは、リーダーのよーらい、もっとも釣り経験の長いむねお、ムードメーカーで格好いいきむ、撮影もこなすはた、唯一会社員のゆーぴー、バス釣りに定評のあるとくちゃんの6人です。

動画では佐賀弁のテンポ良い会話がとても気持ちよく、メンバー同士とても仲の良い印象があります。

2019年4月に脱退を発表したメンバーはゆきゆきという名前で、「まいめんちゃんねる」というグループを脱退後に「釣りよかでしょう」に加入しました。

イケメンであり非常に人気も高かったのですが、バイクなどやりたいことが他にあるとの理由で脱退を決意したそうです。

まとめ

この記事では人気釣り系YouTuberの「釣りよかでしょう」の概要やそのメンバーについてまとめました。

「釣りよかでしょう」はメンバーの軽快なトークと釣りが上手くマッチングした動画でファンの心をつかんでいます。

ゆきゆきというメンバーが脱退し、6人となった「釣りよかでしょう」が今後どのような活躍を見せるのか今後に注目したいですね!